・salty honey・ ホーム » スポンサー広告 » ゲーム:CS乙女向けゲーム »というわけでパニパレ。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

というわけでパニパレ。  

前記事に引き続きコンシューマゲームの感想ヾ(・ω・)ゞ
今回はパニックパレットポータブル(乙女ゲーどす)
例によって追記はネタバレに配慮してないので何卒ご容赦願います。
■↓以下、伏字もないネタバレ









シナリオの9割超がギャグっつー乙女ゲーは初めてだ!
初見のシナリオの大半は変に笑いが止まらないという、ほぼハイテンションなゲームでしたよ。
勿論個別ルートで主人公の亜貴ちゃんが恋愛モードに入ればその限りでもなかったりしますが、個別ルートに入った先でもおかしな展開が待ってたりするって一体何の罠ですかこれ。
ちなみに攻略順は
リーディ→烏羽→白原→真朱先生→内沼ことヌイくん→隠し→乃凪ことナイくん
でした。

てなわけでクリア順でキャラ別感想

 ○主人公・依藤亜貴(主人公にデフォルトネームが設定されている場合はその名前を使うマイルールに則り、今回デフォルトプレイ。)
漢前でツッコミ気質な彼女が好きすぎる。
共通ルートでの亜貴ちゃんのツッコミが的確過ぎてていちいちツボです。困るじゃないの。
基本巻き込まれ体質なのも主人公特権だと思うんだ。ex)魔人ひーちゃん@九龍時とか。
そしてその普段の共通ルートでの周りへの気の配り方が抜群なだけに、個別ルートで恋愛感情を自覚した後の突っ走り方というか自分本位になってしまうところがちょっとだけ残念だったかな…と思わないこともなく。だからこそ、隠しルートとナイくんルートの彼女は逆に光って見えた気が…。

 ○黄朽葉宰ことリーディ・ヴォルパル7世
亜貴ちゃんのこと本気で好きすぎてる異世界の王子様が従者にボディアタック食らって口から劇画調の心臓らしきものを吐き出してるグラフィックが好きです。(酷い)
兄が失踪(というか城を出て行った)したことによって国王になるっていう重圧を一身に受けてしまって色々と苦労してきたんだろうなぁ。だからこそ現界にきて普通の少年として生活していくことが本当に楽しかったんでしょう。攻略してるときよりも、その幸せそうな姿を垣間見れる共通ルートや烏羽くんルート以外の個別ルートでのリーディはほんとに可愛い。
亜貴ちゃん以外で心が成長した姿を見れるキャラであることを加味すると、確かに彼はメインヒーローたる存在ではあるのかな。中身と扱いはともかく。
リーディルートクリア後のエピローグで、実は現界に来て長らく片思いだった亜貴ちゃんと過ごす緊張で殆ど眠れなかった故にテンションが高かった、と語るのはうっかりホロっときましたけど、とりあえずその時代劇口調が全てを台無しにしている気がしないでもない。そこが魅力ですが。

 ○烏羽一徒
舎弟過ぎてそれ以外なんとも(酷)。つーか彼のルートは彼よりえっちゃんのほうが光ってた。間違いなく輝いてた。烏羽くん本人もちゃんと出張ってますけどね? それでもえっちゃんルートといっても差し支えなかったです。
それよりも別ルートや共通ルートでの舎弟ポジションがあまりにもはまりすぎてて、亜貴ちゃんじゃないけど「イイゼ! 一生ついてきな坊主!」って言いたくなりました。そう、彼は大型犬だ。

 ○白原尋也
予想だにしない暗黒電波っぷりが素敵過ぎる。そいでもってどのルートでもどうしようもなく亜貴ちゃんにべた惚れし過ぎてるのが最高に美味しいです。
しかもべた惚れっつってもただただ甘いだけではなく、時には辛らつな発言をして亜貴ちゃんの再起をはかってみたり、大人だなぁと思います。
亜貴ちゃんが好き過ぎて、悲しげな彼女を見たくなくて亜貴ちゃんの恋愛相談にのってあげるとかどんだけ優しいの…とか思ってたらナイくんルートで開き直って妨害したりとか(まァナイくんへの個人的なライバル意識?も手伝ってるんだろうけど)基本どのルートでもプレイヤー的には美味しい役回り過ぎます。
で、肝心の個別ルートは大半いつも怒ってるような。だがそれが激しく萌えるので素晴らしい。
ルート途中で白原が寝ぼけて亜貴ちゃんにキスしちゃった(しかもキスしたこと自体を覚えてない白原)のが原因で色々こじれて、EDでキスしようとした際に亜貴ちゃんにファーストキスじゃないと告げられて明らかに機嫌が悪くなったところは萌えた。そしてその後亜貴ちゃんのファーストキスの相手が寝ぼけた自分だったと知った時のいい笑顔はGJすぎる。

 ○真朱柑
定番の先生と生徒ルートでした。学校で二人が噂になって近づくに近づけなくなって苦しい思いをする、までは。
そこから何故ドッペルゲンガー亜貴爆☆誕に繋がるんだ。すごいよシナリオスタッフ。まぁ、結果亜貴ちゃんの心の成長に繋がってシェルオーラが完成するんですが。んでEDの先生が出した結論は間違ってなかったな、と思います。
……なんだろう、あまり感想が出てこない。良くも悪くもまとまった話しすぎたのかな。ドッペル以外で。
てか1年4組の彼らは共通ルートでの輝きが強すぎて個別ルートあんまり要らないかもしれな…ゲフン

 ○内沼葛
初見の感想→あ、うん苦手なタイプ(ニコッ)
でも本当は色々と聡い人でした。半分は楽しんでナイくんを貶したり弄ったりしてるんでしょうけども、ナイくんには見えにくいところでフォローを利かせることが出来て偉いなぁ。
でもヌイくんルートで中身が入れ替わっているとはいえ見た目ナイくんの亜貴ちゃんとキス出来るって凄くないか君。

 ○隠しというかノルレッテ(本名ジョッジョリーナ・N・ヴォルパル)
球体が人に化けた!!!!!!
いや人のほうが正体だけどさ?
あけてびっくり玉手箱にもほどがある。銀髪碧眼の180センチオーバー執事どこかにいないかなーってえっちゃん言ってたけどそういう伏線だったんですかねこれ。
てかこの美形あんちゃんが全身ピンクになったり金色に染まったり黒くこげたり挙句キノコ生やしてたのかと思うと……、シナリオスタッフ容赦ねぇな。
そしてこの俺様具合。仮にも従者だというのに恐ろしい。だが禿げ萌えた。さすが元王位継承者。
スチルは二枚と少ないけどその破壊力がもう半端ないので逆にこの枚数でよかったんじゃないですかねっ!
そして見た目にそぐわない妙にライトかつリズミカルな本名…。本人も嫌っておいででしたけど、いやかわいいですよそのお名前。そしてまさかのレイヴンと同じ人とは。いい声だ。

 ○乃凪範尚
大本命の予感がすると思ったら超本命だったー!!!!!!
葛ちゃん…セクシャルバイオレンスとかエロ魔人とかそりゃ酷いって思ってたけど間違ってなかったよ……何なのこの人、散々本編中は存在感が薄い陰が薄い毛が薄い毛根絶滅寸前言われてたけどルートに入ったらその破壊力が軽々とノルを超えてましたよ。
いやほら数少ない常識人ってポジションが個人的に好きなので、本編中のナイくんのツッコミが好きだったんですが、いやもう何つーかうん…MVP。
まぁサブ扱いらしいので、ルート自体は短いしルートの入り方がヌイくんルート途中の選択肢からではあるけども、風紀組は一心同体なんだなぁと何となく嬉しくなりました。
他のルートでは白原に押され気味なのに自分のルートだとあっさり黙らせることが出来るとか実は本気出したらパニパレ内最強かも知れ……あ、いや多分No.3。(一位ノル同率一位沢登先輩)
しかしエピローグで告白とかもうね、その進み具合の遅さが逆にポイント高いぜナイくん。
亜貴ちゃんがヌイくんのことが好きだってことも知ってるうえで、君が心のうちを自分に吐露してくれたのに自分が何も言わないのはフェアじゃないからという理由での告白が何からしいなぁと。
しかも返事を強要するでもなく、ただ隣で笑っていて欲しいからと言ったナイくんは本当に亜貴ちゃんが好きなんだなぁとしみじみ感じました。
ああ萌える禿げ萌える。きっとこれからは風紀の連中と過ごす中で毛根が死滅していく一方で亜貴ちゃんに癒されて毛根が復活していくに違いない……。

以下サブキャラの巻。
 □紺青悦
リアルにいたら間違いなくわたしがイライラするだろう亜貴ちゃんの親友(酷すぎる)
いい子なのはすんごいわかるんです。わかるけど、おせっかいが過ぎるかなぁ。多分えっちゃんから見てて亜貴ちゃんの無自覚さがじれったいっていうのがあるんだろうけど。
それを差っぴいても押し付けが過ぎるというか、とにかくあれだ、テスト前日の夜に肝試しツアーとかやめときなさいと。

 □言雄琉佳……というかルカ・A・ジェイノス
リーディに振られた婚約者で、最初は亜貴ちゃんに辛く当たるんですが何故か同居して色々あって仲良しになるツンデレロールパンヘアー。
最初は嫌いなタイプだったのに、プレイしていくうちに可愛くてたまらなくなりましたよウヘヘーイ。
リーディルートでは仲良くなりながらも最後までライバルであり続けなければならないもどかしさがありましたが、他のルートでは他ならぬ亜貴ちゃんの為にルカが頑張ってくれてるシーンが多くて個人的にホクホクでした。小悪魔の尻尾と角が生えた立ち絵が好きです。
リーディもノルもだけど、メルディシアに帰らないで欲しかったなぁ…そういう意味ではノルルートありがとうって気持ちになります。

 □沢登譲
ごきげんようッ!(「ッ」も発音するのがミソである)
この人の存在がパニパレのお笑いの1/3を担ってる事実。何でそんなにトイレにこだわりますか貴方。ヌイナイルートで「ボットンに嵌まればいい」とか真顔で言ってるシーンは声優さんの演技とあいまって真夜中なのに笑いが堪えきれなかったんですがどうしてくれる。
でも要所要所で真面目なことを言うわけで、この人只者じゃないなぁと思いつつもやっぱり違う意味でも只者じゃないよなと。

 □ヨッシーこと松本義之輔
ままみみむむめめ義之輔っ!!
えっらいキーパーソンでした。真朱先生の恩師で烏羽くんの親友でありノリリン(ナイくん)と臀部をこよなく愛する、元マッチョ今はぶっ飛んだハイテンション爺ちゃん、しかしてその正体はメルディシア先代国王。
リーディとノルのお祖父ちゃん!? って亜貴ちゃんがびっくりするのも無理はないよな…ノルがだから知られるのは嫌だったんですよってぼやくのも納得ではある。
でもヨッシー可愛いよヨッシー。可愛がりたいよヨッシー。あと時々マップ移動で見れる魔法少女たちの戦いが大好きだよヨッシー。

さてパニパレの次はリトルエイド(パニパレと同じ舞台で半年ほど前の話・沢登攻略可能)かソラユメのどっちかだな……

category: ゲーム:CS乙女向けゲーム

tag: コンシューマ  感想 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://saltyhoney.blog47.fc2.com/tb.php/176-c75b84de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リードミー!

ついーと

ぷろふ。

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。