・salty honey・ ホーム » スポンサー広告 » ゲーム:CS一般ゲーム »久しぶり過ぎてお恥ずかしい。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

久しぶり過ぎてお恥ずかしい。  

前回の記事6/30だって……久しぶりの大サボりでした。
つーても7月中はツイッターでFEぷちプレイ雑記なんて呟いていましたが、それも8月入ってから色々忙しくなったりあれやこれやで途絶えてようやくこっち更新しようって気が芽生えてきたってなところです。

まぁあれです、某エミュ2・3箇所に入り浸ってみたり、そこで新しい下僕知り合い作ってみたり、ヒャッハァーとかおひゃあとかそんなこんなで積みゲー消化したり、PC絶不調すぎて復旧に数日掛けてみたり、やってることは普段のぐだぐだと何ら変わりませんが忙しかったんだよ!!

と、誰に対する言い訳してるのかは謎ですが、忙しい8月でした。挙句月末にとんでもなハプニングあったりしたし。
ちなみに某エミュ、いつものようにプリ系がメインでヒャッハァー言ってるのかと思ってたらRKとか湾とか楽しすぎてお花畑状態です。最近になってRGにも目覚めてしまいOB連打が癖になりそう……('¬'*)とか何とか言いながら一番脳内お花畑になるのはソーサラーというオチ。

と、そんなことはどうでもいいとして、いよいよ以って俺屍のリメイクが楽しみすぎて夜も眠れません。
俺屍……有名なので説明何ざいらねぇかも知れませんが、正式名称が「俺の屍を越えてゆけ」というこのゲーム、オリジナルが1999年発売、いきなりバカ売れしたソフトってわけではなかったんですが、口コミで大ヒットに及び、PSNのゲームアーカイヴでは、現在でも毎月売り上げTO10に入っているというスーパーロングヒットを誇るゲームです。
当時電プレあたりで紹介されておりまして、その記事を読んだ際に何かものすごく感じるものがあって発売日にゲット、
プレイしてあまりの中毒性にだだハマりして布教用に数本買い込んで面白いからやってみろと脅迫腐れ縁をはめ込んだという経緯のあるものです。(ちなみにその腐れ縁、自身がプレイ前に私の家系図(データ)を見せたところ、美形ぞろいの一族の中で異彩を放つモヒカン息子を一目見て、こんなのとか生まれたら嫌だーとか最初嘆いていたのに生まれたらものすごく優秀で良い子だったらしく掌返したように可愛がってました)

嫁いだ現在も自宅にPSのソフトがあり、挙句ゲームアーカイヴでもしっかりDLし(ちゃんとぽんたと二人分きっちり)、ナオトサマの名前でプレイしてアフンアフン言ってます。(?)

で、リメイクにあたりもちろん購入予定です。当たり前じゃない。
限定版めっちゃ欲しい欲しい欲しい、レア神様もあれですが冊子、冊子めっちゃ読みたいじゃないそれだけの為にめっちゃ欲しい予約予約ー!!!!

と思ってアマゾン行ったら(近場にゲーム取り扱いの店がない悲しみ)、もう売り切れてた。
軽く絶望。いや、まぁ、通常版予約しましたけどね、初回生産ならレア神様のプロダクトコード付いてきますし。

しかし公式サイト覗いたままこれ書いてるんですが、「花」聞いててもう泣きそう。しかもアカペラのほうとかもうやばい。じわじわ涙がきます。涙腺が弱ってるなぁ、歳か。オリジナル版は歌えます。ほんとにいい歌です。オススメ。
確か、アーカイヴ版のデータがあるとPSP版で何かしら特典を付けるようなことどっかで見たけど、どんなんだろうなぁ……



で、不意に再プレイしたくなったのでアーカイヴ版で新規に一族を作ってみました。
以下、唐突にプレイ記が始まるので(しかも間違いなく長文)、気が向かない人はここらでお別れです。
目を通してもいいかなーと思ってる人はそのままどうぞヾ(・ω・)ゞ




このゲームでもご多聞にもれずいつものようにマイルール発動。
性別を選べる初代当主の名前はファーストプレイ時にも使っていた「弥央(ミオ)」、苗字は「武ノ瀬」と入力し、生年月日はリアル生年月日でゴー。

データのサブタイトルが「幻魔武ノ瀬伝」とかかっこよすぎて吹きました。
まずは偉い神様から、「お前の父ちゃんと母ちゃんが朱点に捕まったり嬲られたり殺されたりした挙句にお前は急速に年を取って二年で死ぬ上に人間と子作りできない呪い掛けられたからうちら神と子作りして朱点殺っちまいなー」とみもふたもない事情をやんわりと説明され、そのまま生後8ヶ月(未満)にしてまさかの子作り初体験。
初めての相手は土神様の「黒曜斎 影彦」様でした(ちなみに普段は体力がほしいので水神の「鹿島 中竜」様のほうが多い)

※ここで簡単に説明すると、子作り……交神相手の神様には地水火風の属性があり、また神様それぞれが父親と母親の遺伝子情報を持っています。
で、その遺伝子の情報の区分である、心・技・体のそれぞれにも4属性があって、それが子供の性格や能力に色々と影響を及ぼしてきたりするのです。
簡単に説明すると、心の水の値が高ければ心優しく、土が高ければ我慢強く、風が高ければフリーダム、火が高ければ鉄火肌……とかそんな感じ。
技の数値は術を使うためのMP(みたいなもの)や術を習得するのに大事な数値(たくさんの術の巻物を持っていても、技が足りなければ使えません)。
体の火が高ければ攻撃力が、土が高ければ防御力が、風が高ければすばやさが、水が高ければ体力がそれぞれ高くなります。


この時に出来るのは初代とは異性の薙刀士です。
早速の第一子誕生に8ヶ月児の母は名前を考えることにしました。

っと、ここで今回の名づけルール。
実はファーストプレイのときにもやっているのですが、今後生まれてくる子供(子孫)には「弥」か「央」の字を使います。(ファーストプレイのときは「弥」の字限定でした。120人くらい頑張って名前付けたよ!)

初めての子供なので、という安直な理由から、第一子の名前は「初弥」になりました。あだなは「ハッちゃん」です。

とまぁ、初めての子作りが成功した余韻に浸る間もなく、次々色々説明されて、小間使いやら何やら色々預かり、さてようやくプレイヤーのターンです。
子供の顔は見れたけど、初代の顔はプレイヤーが操作可能になるまで一切確認が出来ないので、ここで初めて自分の分身の顔を拝みます。


         ____
       /   u \
      /  \    ─\    チラッ
    /  し (>)  (●) \
    | ∪    (__人__)  J |  ________
     \  u   `⌒´   / | |          |
    ノ           \ | |          | 
  /´                | |          | 
 |    l             | |          |
↑気分はまさにこんな感じで


なんとファーストプレイ時の初代と髪の色が違うだけというとんでもない奇跡が起きマシた。
思いっきり思い入れのあるグラフィックだったので嬉しい誤算。心底ヒャッホーです。
浮かれ気分で装備を適当に整え、(ちなみに初代の職業は剣士固定)、まずは小手調べというか久しぶりなので慣らしというか、都の周りにあるという鬼の住処のひとつ、相翼院に突撃ィ!!
しようとしたら、半透明の少年と遭遇、そして自己紹介。黄川人(キツト)と名乗った半透明は一族のアドバイザーとして頑張る所存なんだそうな。

まぁ本当に初陣な上、ゲームのシステム(健康度の存在、二年で世代交代、神様と交わることで人間離れした強さになっていく)的に初代とその第一子は実に弱いのです。
さらに言うと、最初は回復術の習得すらおぼつかないのでHPが減ったままで放置なんて間違っても出来ないので回復剤を湯水のように使いつつ、まずは一ヶ月を過ごしました。(出陣し、鬼の住処=ダンジョンに突入すると最低でも一ヶ月経過します。ダンジョン内では時間経過を表す8つの炎が右上で燃えており、時間の経過とともにひとつずつ消えていきます。全部消える=一ヶ月経過で、健康度・パラメータやアイテムの所持具合を確認したり、引き続き討伐続行か切り上げて帰還するかを選べる仕組み)
二ヶ月め、適度に成長したおかげか、回復の術「泉源氏」を「ハッちゃん」・「初代」ともに習得成功。他にも何種類かの攻撃術も覚え、人数は少ないながらも多少の戦力アップが出来たので、引き続き相翼院に突撃。
再び黄川人と遭遇し、戦闘初級講座を聞いて戦闘です。

※このゲーム、敵にも味方にも大将というものが存在します。敵であれば○○大将、って具合に名前で一発で判るし、味方の場合当主が出陣していれば当主が、当主以外の面子だけなら隊長に任命した一族が大将扱いになります。
この大将を倒す、もしくは逃亡するか、敵集団を全滅させると戦闘終了です。戦闘の報奨として手に入るアイテム・金銭・鬼に奪われたとされる職業の指南書(←手に入れると職業が増える)や術の巻物などは、大将を倒さない限り手に入りません
また、プレイヤー側の大将が倒されてしまった場合、一発で敗走となります。下手をするとそのまま帰らぬ人にもなります。これは大将以外も例外ではなく、戦闘で倒されてしまったキャラはよくて大怪我、悪けりゃおっ死にます。


今回の討伐、早速熱狂の赤い炎が灯っていたのを確認。この赤い炎の時間帯は、戦闘によるアイテムの入手確率が普段と逆=レアアイテム・出にくい指南書・巻物を手に入れやすいので俄然張り切ります。
回復アイテムは使い切る勢いで、術の力もどうせだ使い切れ、と気合を入れた結果、白波(波で攻撃する術)と蛇麻呂(敵前列に毒攻撃する術)をゲット!
術の巻物は一点物なので、手に入れてしまえばこっちのもの。このゲーム、戦利品がスロット形式で決まるんですが(とはいえ目押しは出来ない)、一点ものを手に入れた後に表示される赤い星、もしくは同じ品名が三つ揃うと戦勝点(経験値)がそれぞれ3倍・2倍になるので、成長という意味でも赤い星は大事大事。
戦勝点はそのまま、神様と交神するときに必要な奉納点にもなるので、必死に溜め込みます。
奉納点が高い神様ほど強力な子供が生まれやすいので今後一族を強化するのに重要です。
そんなわけで、アイテムもお金もホクホクの二ヶ月めが経過して自宅に帰還です。
奉納点が700半ばまで溜まったので、初代は二回目の交神(コマンドとしては初めて実行)に挑むことにしました。(8ヶ月たって元服しないと子供を作れないシステムのため、「ハッちゃん」はまだ交神不可)
つーてもいきなり700ポイント全部使い切るつもりはないし、今までのプレイ時、初代の子供が最大で3人までしか作ってなかったので限界突破(?)したいとも思ったので、双子を作りやすい火神「陰陽児 中(おんみょうじ あたる)」様と交神。
目論見どおり女の子の双子誕生ににやりとしつつ、ついでに体の火の高さに満足しつつ三ヶ月め経過。(交神しても一ヶ月経過する)

四ヶ月め……というかもうこの表記面倒なのでゲーム内の日付にしよう、1018年7月、三度相翼院に突撃。もう取り立てて言うことのない普通の討伐でした。(適当すぎる)
で、翌月1018年8月。
天界から双子登場。
緑の神、黄色い肌、青い瞳の女の子二人に、それぞれ歌弥(かや)、詩央(しお)と命名。
「かや」は剣士、「しお」は弓使いに任命。
すぐに戦力には出来ないので、二ヶ月後の初陣を目指して現在自習に励む双子が華々しくデビューできるように「初代」と「ハッちゃん」は今後も稼ぎに行くのでありました。




今後続くかどうかは判らないよ!!





すこぶる気になること。9/1(今日)発売のグランナイツヒストリーってゲームが果てしなく気になる……(育成好き)

category: ゲーム:CS一般ゲーム

tag: コンシューマ  俺屍 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://saltyhoney.blog47.fc2.com/tb.php/252-57b024e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リードミー!

ついーと

ぷろふ。

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。