だからタイトル。

というわけで、お久しぶりです。思うところあってクリアまで日記をまとめるのを止めてました。
そうです、このたび俺屍(つーても表までですが)無事クリアと相成りました。やったね!
具体的に申し上げると、15代目まで掛かってます。
いや長かった、ちゃんと色々駆使してたらもっと早く終わってたと思うのですがそれはまあご愛嬌。だってだらだらやるのが好きなんですもの(*ノノ)早解き苦手だし。(俺屍はあえて長く遊んでいましたが、基本的に私は日数をかけずにプレイするタイプなのです。つーても、掛からないのは日数なだけあって時間はかなり長くやりこみます)

また、だらだらもちもち参加していた公式キャンペーン「俺のつぶやきを越えてゆけ」様の企画「うちの子自慢」で呟いた私のツイートがまさかの優秀賞を戴いてしまいました。紅梅白梅童子を戴いた後だったのでポイント的には正直必要なかったんですが、いやー何の得がなかろうと嬉しくて動揺したよ。びっくり。
だって3600を越える応募ツイートの中の30個の一つに選ばれるなんて思ってもなかったんだよ……ものすごくはしゃいだけど。
ありがとう、ありがとう私のかわいい乙男、遙……! 君は死してもこんなにも暖かいものをくれるのね…!(ちょっと泣けてきた)


何はともあれ、追記にプレイツイートログ。何回かの分割投稿になります。
今回は、武ノ瀬家に激震が走った12/04、その翌日12/05分。
2011/12/04

唐突に俺屍。1033年5月、流水道へ。陽斗が奥義「火焔舌」を編み出した! これで大筒士の奥義が出揃ったことになるのかな。氷ノ皇子を槌で潰して(怖い)恙無く討伐終了。

何だろうね、この人の空しさは大きいんだろうね
ま、そりゃ道理だ。


1033年6月、知成の娘来訪。口癖が「先に結論を」とか言っちゃうそこらの男の子よりたくましい女の子だそうで。……理論派? 命名、知夏。踊り屋。しかしまぁ、お夏様の娘ですが技の火は父親譲りの素質らしい。次代に期待。 といったところで寝ます、時間が時間だし。おやすみなさい。

知成「だからな、お父さんが言いたいのはだな」知夏「先に結論をどうぞ。」知成「いや、あの、だから」知夏「だから先に結論をどうぞ、と」來歌「知成くんでも娘には弱いんだねぇ…」
この期待が彼女のプレッシャーになった、のかもしんない。


1033年6月、最後の髪を切るために白骨城へ。打つ手を間違えて無駄に苦戦した挙句瑠璃羽が倒された。健康度0になるも、すぐ戻っても断髪後に戻っても生き残る確率は変わらんし、そのまま髪戦へ。魂寄せで技力を吸い尽くしつつ、熾烈な攻撃に耐える。七天爆3人併せ*3で辛くも撃破。これで全部。
















帰還後、あかりが逝き、そして……瑠璃羽もそのまま討ち死にした。0歳7ヶ月。これで、長男筋が、途絶えた。私の悪手で、途絶えさせてしまった。悪手を打ってしまった戒めとして、リセットはしない。尚、あかりは、武ノ瀬御珠姫として昇天。

次男筋、あかり。享年1歳9ヶ月。槍使いの家系は心底強い。彼女もその強さを存分に発揮した子でした。ありがとう。
闘って死ぬつもりでいたんだね

長男筋、最後の娘。瑠璃羽。享年0歳7ヶ月。ごめんなさい、ほんとうにごめんなさい……!! ごめんね、こんなところで死なせたくなんてなかった! ごめんなさい……

胸が痛い。恨んで罵ってくれてもよかったんだよ…














髪の毛を全部切り終わり、次からはとうとう地獄だ。

二時間の散歩から帰宅。1033年7月、來歌の交神。お相手は月影ノ武ノ瀬こと緒伽にお願いします。だから声が渋いってば。ってまた双子!? 今回はありがとう!!! どちらかを剣士&壊し屋の家系として繋げていける様にしたい。……しかし何なんだこの双子率。旦那のところは双子殆どいないのに。

1033年8月、選考試合です。初陣の知夏を連れてなのでちょっと不安だったけど晴明さんを眠らせて燃やし尽くして終わりました。ほくほく。そしてとうとう惟が無 敵 陣 創 作 。 対物理多用ボス最終手段が!!!

1033年9月、十二代目來歌の双子来訪。兄のほうは迷い箸の悪癖がある模様。命名「アズマ」。職業弓使い。妹のほうは全身水遺伝子の美人さん。風評粗忽者らしいんだけどそう見えない……技が水以外ものすごく標準な水準。命名「ミナミ」、職業剣士。

アズマ「どれにしようかな……(うろうろ)」來歌「こら、お行儀悪いよ!」
不幸中の幸い、だった

ミナミ「にいさまったら……(ぽろっ)あ、落としちゃった…(じわぁ)」惟輝「あああ、大丈夫だってばまだ沢山あるんだし」

新しい剣の使い手の血筋に。


唐突に俺屍。1033年9月、いよいよ現れ出でた地獄巡り。双子の教育に二人取られているため、陽斗、惟輝、知夏の3人で出陣。そしてお夏様の息子がいたのであっさり解放される黄黒天吠丸様。ご祝儀+3881戴きました。 幸先は良いんですが人数いないので雑魚狩りで今月を終わらせます。

ここで全ての決着がつくのです。
まがまがしきはこの印の模様。

陽斗「やる気のない部下どもですね」飛空大将「あ? ……(後ろを振り返り)……ええええええええええ」―――という一幕があった討伐であった。

最初からこの状態で出現。部下からの信頼がないようです。


帰還後、知成が死去。支援に安定した子でした。ちょっと攻撃ばっかり提案してきましたが。って息子じゃない、娘だ!(前のツイート)ごめん知夏! そして氏神の相談が来ましたが今回は見送り。39245点ではあるんですが。

長女筋次男家長女系、知成。享年1歳9ヶ月。縁の下の力持ちで居てくれてありがとう。
もっとゆっくりしてってよかったのに。


翌1033年10月、一旦セーブして旦那の一族と陽斗が結魂。やることがなくなった一族は初めて休養コマンドを使うことに。せっかくの休みだ、どうか心ごと休まってほしい。

ここら辺でちょい前に引退していた來歌と陽斗のステータス。
初めて奥義のあわせを実践した親子でした。

陽斗は強かった。
疲れたとか言いながら疲れしらずのタフガイでもあった。




11月、忘我流水道へ。氷ノ皇子様の解放を目指します。が、確率3/4なのでどうだろなー。とりあえず初陣のアズマとミナミが頑張っているようです。ミナミは早速疾風剣を復活させました。誠志郎が編み出してくれたんだよねぇ。なんか懐かしいような胸が熱いような。

おふ、続けて真空源太斬も復活させた。そうか、そうだよな……それだけ一族そのものが強くなってるんだな……って、アズマが地獄雨を創作。やるな双子っこ。

速鳥*2、石猿重ね重ね重ね、梵ピン数回、ギリギリ半分近くまで削り取って皇子のターンをやり過ごし、一気に制圧完了。これで最強の男神、氷ノ皇子様を解放出来た。ご祝儀+5111戴き。

光に包まれて昇天。
これで無事解放!


そして真幸燕返しを復活させるミナミちゃん。これでカウンターアタックも出来ちゃうね! ほくほくしつつ帰還です。しかしやはり氷ノ皇子様は素敵だ……オリジナル版は小十郎の中の人こと森川氏だったんですよねこの人。いや好きでしたもんこの神様……

翌12月。陽斗と旦那家のお嬢さんの息子が来訪。得意なことが恋文の代筆ってお前誰の書いたんだ……命名、倖斗。大筒士。さーて、こっからが大変だ。瑠璃羽の討ち死にが少々家族計画に響いているこの状況。彼女が生きていれば翌年1月の交神は瑠璃羽が行うはずなんですが……

倖斗「どなたあての恋文でも大丈夫、この倖斗が見るだけで色んなものを噴出すような恋文をしたためて差し上げます! 一枚10両で!」アズマ「金とんなよ」惟輝「あ、じゃあ昼子様宛に…はい10両」アズマ「頼むなよ! そしてさも当然のように払うなよ!!」
人好きしそうな子です。


彼女が討ち死にした結果、陽斗(1歳5ヶ月)のすぐ年下にあたるのが惟輝(0歳9ヶ月)。その下に6ヶ月の知夏と、現在3ヶ月になったばかりの東南双子っこ、そして今来たばかりの0ヶ月倖斗。1月の交神を惟にさせるか、はたまた交神を取りやめるか、東南双子っこもそれぞれ交神させる予定もあるし…

2011/12/05

寝る前の俺屍。1033年12月、地獄巡り第二回目討伐。三途の渡しを倒し、選んだ行き先は地の池地獄。ってーかですね、私ここの貞ひよってオリジナル版から怖いんですよグロくて('A`)

さて1034年1月です。あけおめ!本来なら交神なんですが、交神するはずだった瑠璃羽がいないので(なんかもう切なくて仕方ない)今月も地獄巡りです。

1034年の一族近影。
本当はもう一人居るはずだったんだよね


毎月復活する三途の渡しは今回も素敵奉納点稼ぎポイントですなー、若干一族が弱いのでまだ苦戦しがちなのが難ですが。血の池地獄で大八手を倒し、亡者砂漠へ入ったところで今月時間切れ。帰還します。

ミナミ「ひぃやあああああ蛸ぉぉぉぉ(刀をブンブン振り回す)」惟輝「でかい……これじゃ刺身醤油足りねぇなぁ」アズマ「食うの!? これ食うの!?」知夏「ゆでたら縮むわよ」アズマ「そういう問題でいいの!?」ミナミ「漫才はいいから戦うの手伝ってえええ」
\たこだー/


そして十二代目当主、來歌が倒れました。十三代目当主に知夏を指名し眠りにつきます。稀代の愛らしい策士が逝ってしまうのか……なんかもうシステムと判ってても悲しいですね、死なれるのは。

長女筋、十二代目当主來歌。享年1歳9ヶ月。システム的な処理であることに変わりないのに、寂しくてたまらない彼女の死。
最後まで走りきれたね、おめでとう、そしてありがとう。



今日はココまでヾ(・ω・)ゞ

Tag:俺屍 コンシューマ

コメント 0