・salty honey・ ホーム » スポンサー広告 » 果てしな徒然 »いつだって再燃するきっかけはあるんだぜ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

いつだって再燃するきっかけはあるんだぜ  

ニコニコでもうろつくかぁ~、なんていうのが常日頃のわたしですが





↑を見つけた瞬間
本気で衝撃が走りましたよー!
あああああああアタイの最愛が!! 何ヶ月か前には探してもニコニコになかった(と思った)魔人學園がっががっ!!

以前にもどこかで書いた気がしないでもないですが、とりあえず。


           知らない人の為の東京魔人學園剣風帖解説
                         知ってる人は飛ばすといいんだぜ!

ジュヴナイル伝奇ゲームとして98年に発売されたPS用ソフト。(以下剣風帖)
魔人學園伝奇三部作としての第一作ではあるが、時代的には一番最後にあたる。
続編に、幕末の陽と陰の闘いの物語を描いた東京魔人學園外法帖(PS)およびそのリメイク東京魔人學園外法帖血風録(PS2)がある。帝都時代を描くであろう第三作目は現在未定。
1998年4月、東京、新宿区にある真神学園高校に転校してきた主人公とその仲間達が、人ならざる《力》に目覚め、東京を襲う《怪異》と戦うというストーリー。
お約束とも言われるベタな展開を盛り込み、非常に熱い青春ドラマを形成している。
主人公が完全に無個性という方針にも関わらず、プレイヤーによって多種多様・時には女性主人公という非公式設定を生み出すほどの人気を博していたりする。(剣風帖後の未来が書かれた公式作品も数種類でているが、ここでも主人公の存在を匂わせつつも喋ったり顔を見せたりなどが一切ない。また公式の作品ではあるが、登場するキャラはあくまでも可能性の未来とあり不動ではない。各登場キャラクターの将来はプレイヤー個人の想像に任せている)
尚、(恐らく)魔人人気の火付け役はゲーム情報誌・電撃プレイステーションである。
監督・原作は今井秋芳。彼の作品は他に、九龍妖魔學園紀というアトラスから発売されたトレジャーハンター物もあり、剣風帖とは世界観を同じくした数年後のお話にあたる。(一定条件で剣風帖主が登場するモードが出現)



張り切り過ぎな説明はさておき、
画面のソフトパッケージの京一に目がずっと釘付けだった1時間弱でした。あああ幸せ~(*´ω`)
何せ魔人プレイしてハマって公式サイト見に行きたくてPCとネット環境整えてそこで男装女主人公のスレッドに常駐するようになってサイト作ろうと思い立って(中略)今があるわけで(←の中略にカーソルを合わせると中略部分が大変なことになります)(BRタグが邪魔になってるな…)
ああもうほんとに京一モエス……('¬'*)あとはユエちゃんと壬生と如月と村雨と雨紋と舞子ちゃんと亜里沙ちゃんと紗夜ちゃんとミサちゃんと……キリがなくなりそうで怖い。
リプレイしたくなってくる現実が今目の前に!!(意味不明のまま終わる)

や、まぁあれだ、ラノベとか好きな人は多分ハマれるですよ!!(`・ω・´)b

category: 果てしな徒然

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://saltyhoney.blog47.fc2.com/tb.php/84-61d02988
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リードミー!

ついーと

ぷろふ。

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。